なぜ塗り替えって必要なの?

なぜ外壁塗装、屋根塗装のリフォームが必要なの?

本当に塗り替えって必要ですか?

ひょっとしたら今まで家を建ててから一度も考えたことがなかった・・・
というお客様もいらっしゃるかもしれません。
家は人間と同じで年数が経っていくと当然老朽化します。
10年、12年と経過するにつれて傷む箇所が出てきますから 屋根・壁の老朽化にともない塗り替えが必要となってきます。
一番大切なことはひび割れや雨漏りがひどくなってからではなく、前もって塗り替えを行う事です。

ぜひお読みください!

塗り替えは建物の寿命を延ばします!

塗り替えをしないとこのようなことが可能性としてあります。

外壁

  • 壁の内側に雨水が入り込む
  • 下地の柱が腐る

屋根

  • 雨漏り

このようなことは 普段の生活で壁の内側を壊すわけにもいきませんし、危険な目をして 屋根にのぼることもできませんので、結果として不具合が出たら考える・・・ことになっているのが現状だと思います。
誰でも簡単にチェックできる壁の相談のタイミングのポイントをご参考にしてください。
屋根は危険ですので、塗り替えのご相談をしていただければ、私達が一緒に調べます。
もちろん無料です!

今すぐできる診断チェック

下記のような症状がございませんか?
当てはまる場合にはお問い合わせください。

壁を指で触ると白い粉が付く

壁を指で触ると白い粉が付く

壁にひび割れがある

壁にひび割れがある

塗装がはがれている

塗装がはがれている

コーキングが割れてる

コーキングが割れてる

塗り替え時期の目安について

紫外線のあたるところや直射日光に当たりづらいとろこなど、同じ建物であっても場所よって 劣化の進行度が異なります。
おおよそ10年から12年くらいを目安にしておきましょう。

外壁の美化・化粧は資産価値の向上につながります

外壁塗装は、建物を保護するためにおこなうので当然建物の状態を良く保つことができます。結果として、塗装工事などのメンテナンスをおこなっていない建物と比べて、長い寿命を実現することができます。

建物の状態が良好でメンテナンスの行き届いている建物は、そうでない建物に比べて資産価値が高くなります!

実際メンテナンスの行き届いている建物は資産価値が高いのです。

pagetop